ピーチマン日記

ベトナム、サイゴンから、日記をお届けします。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 感想

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

読了…株式会社メタップスCEO 佐藤航陽さんの最新著書です。

インターネットによって様々なものが繋がる事で、知識と情報の格差が少なくなるという良い面があった一方、インターネットを通じ、多くの国々がグローバルな経済圏へ飲み込まれていく事に歯止めが効かなくなり、富の集中、格差社会が叫ばれるようになりました。

富の集中はお金がお金を生み出す金融経済の膨張を引き起こし、様々な金融商品が作られ、バブルを引き起こし、その火消しに政府が金融政策を行ったりと、最近はお金の存在が以前よりもヴァーチャルでフワフワしたようなモノに感じるのですが、普段の仕事や生活では国が定めた法定通貨を中心とした経済で生きている為、持たざる者(私もです)としては、なにやら振り回されているような気がして、漠然とした将来の不安を感じます。

その一方で、国によってコントロールされる中央集権的な経済に反発する流れとして仮想通貨が生まれ、国の信用が担保となる法定通貨を使わなくても閉じた経済圏が参加する者達だけで作られるようになり、やっと評価経済社会が実態を伴ってきているようにも感じています。

上記のような新しい経済の流れをシンプルに、自身で行っているビジネスの実例を伴って(ココが凄い…)まとめられている本でした。

現在の法定通貨を基礎とした経済が100%無くなっていくというわけではなく、今までお金にならなかった様々な価値が、今までの価値と共に探り合いながら、富を分散化する形で進んでいくのでしょう。この流れは今までの法定通貨を中心とした経済で生きてきた人達には現在までの否定に聞こえ、理解が難しい部分があるのだと思います(私も理解出来ているのか怪しいですが…)。なので、現在何も持たざる若者こそすんなり入っていく本なのかなと思いました。オススメです。

目次
第1章 お金の正体
第2章 テクノロジーが変えるお金のカタチ
第3章 価値主義とは何か?
第4章「お金」から解放される生き方
第5章 加速する人類の進化

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)