ピーチマン日記

ベトナム、サイゴンから、日記をお届けします。

決断力とインターネット、そして笑いの関係

f:id:Peach_man:20150531114443j:image
Hủ tiếu chay(ベトナムはお店を良く見てみるとベジタリアンレストランが沢山あります。)
 
ベトナムに来て以来、毎日決断を迫られる事が本当に多いです。
 
良く考えるとどんな人でも日々、何かを決断(昼ご飯なに食べようとか)して生きているわけですが、決断しないといけない数が多いと、決断とはどれだけ気力(?)を使うものなのか、日々痛感するようになりました。
 
関西人だったら共感できる人がもしかしたらいると思うんですが、小さい時、友達同士で会話していて考えすぎるとタイミング(?)を逃すので、おもろない奴や、というレッテルを貼られるんですね。
 
今考えたら僕の頭が鈍いのか、僕のネタが単純にそいつにウケないだけなのか、考えれば考える程どうでもいい事なんですが、大阪に住む幼い頃の自分にとって、おもろない奴とレッテルを貼られる事は存在を否定されるかのような感覚でした(笑)。
 
そのような子供時代だったので、今考えるとコミュニケーションにタイミングというか、ノリを重視しすぎてたかな〜、と。
 
なんの話かというと、日々決断を意識してするようになったので、なにか発言(行動)する前によく考える、という癖がついて来て、ちょっと意識してノリ重視なコミュニケーションをやめてみたりしてるのですが、あたり前ですが笑いのタイミング逃してる、とかもう皆さんツッコミませんね(笑)。まぁ、そもそもツッコミ自体が日本の、しかも関西だけの文化だと思うのですが…。
 
そこで感じたのですが、小型のデヴァイスやラップトップが低価格、高性能化したおかげでインターネットが手軽、ポータブルなものとなり、自分に入ってくる情報をキュレーション(*)してくれるサービスもあったりして、自分に入ってくる情報を取捨選択出来るのがあたり前な時代になってきています。
*IT用語としては、インターネット上の情報を収集しまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有すること コトバンクより

 

そんな時代に求められるのはスピードと分かりやすさ、なんですよね。つまりこれ、求められるものが大阪の小学生と一緒やん…と(笑)。
 
スピードと分かりやすさ、それらももちろん大事なんですが、深く考える、って事も凄く大事なんじゃないのかな、と。特に大きい決断するには、深く考える事が必要です。
 
感覚で物事を判断した方が結果は合っている、という研究結果もあるそうですが、例えば会社に合わないスタッフを切らなければならない場合、『僕の感覚的に君、辞めた方がいいわ』とは言えませんし、なぜ売り上げが上がってないのにこのプロジェクト進めるのですか?と聞かれた時、『俺の感覚がそう囁いているから』とは言えません(少なくとも僕は)。
 
僕が毎日の決断で消耗しまくっているのは、この大阪生まれの環境と、インターネット漬けのせいなんじゃないのかな、と…(笑)。もちろん環境のせいにはしたくないので大阪生まれのくだりは冗談ですが、インターネットとテクノロジーのおかげで深く考える事が出来ない人、大きい決断をできない人が増えたんじゃないのかな、と感じる今日この頃です。
 
考える癖をつけたかったら日々沢山決断をする状況を作る事がおすすめです。
 
最近のいい顔写真。
 
f:id:Peach_man:20150531114410j:image
f:id:Peach_man:20150531114340j:image