ピーチマン日記

ベトナム、サイゴンから、金融微生物が日記をお届けします。

ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」読了

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟」読了。ロシアの文豪ドストエフスキーが死の直前まで書き続けた最後の大作。
 
> 物欲の権化のような父フョードル・カラマーゾフの血を、それぞれ相異なりながらも色濃く引いた三人の兄弟。放蕩無頼な情熱漢ドミートリイ、冷徹な知性人イワン、敬虔な修道者で物語の主人公であるアリョーシャ。そして、フョードルの私生児と噂されるスメルジャコフ。これらの人物の交錯が作り出す愛憎の地獄図絵の中に、神と人間という根本問題を据え置いた世界文学屈指の名作。(Amazonの商品紹介より)
 
130年以上前に描かれた小説で、文庫本サイズで3冊、計2,000ページ弱の大作ですが、全編を貫くのは、犯人は誰か?という推理小説のようなスリリングさがあり、一気に読めました。また、劇中劇的な構成にもなっており、各エピソードはそれだけで一つの完成された物語のような密度ですが、その劇中劇が登場人物の何故その行動を起こしたのか?という動機・思想に綺麗に回収されていく流れが凄い。
 
キリスト教異端審問官とキリストと思われる人物の対話を描いた「大審問官」を含む上巻。スヒマ僧(ロシア正教における高位の修道士)で聖人君子とされるゾシマ長老が、出家したエピソードをゾシマ長老の遺訓としてカラマーゾフ家の三男アリョーシャが語る中巻。そして最後、無神論を密かに心に抱くカラマーゾフ次男、イワンが罪の意識から悪魔と思われる存在と対話する下巻。
 
私が本著から感じ考えた事と、ドストエフスキーが描きたかった思想とはきっと違うものなのでしょうが、描こうとした思想のテーマは普遍的なものであり、その為に現代でも愛され、読まれ続けているのだと思います。
 
私自身の解釈では、神とは何か?何のために、どこに存在するのか?神とはつまり良心の事であり、良心そのものとは言わないまでも、人間は良心を通して神と対話するものである。また、良心とは各人が内に抱くものであるので、人間はそれぞれに神を抱くのであるが、良心は各々自身で育てなければならない。良心の糧になるのはまた、良心である(特に生まれたばかりの子供は自分では育てる事が出来ないので、幼い時分に(主に親によって)受ける良心は極めて重要である)。科学万能の時代になろうと、社会主義が成功して(書かれた当時はまだロシア革命は起きていない)物質の心配がなくなろうと、良心(それぞれの内にある神)を重要視しない社会である限り、人間の進歩は無い、そんな事を感じました。(それぞれの神という表現はキリスト教的には駄目なのかもしれませんが…)
 
私がオススメするのも気が引けるくらいなのですが、オススメです。
カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

 

 

「物語ヴェトナムの歴史」読了

物語 ヴェトナムの歴史―一億人国家のダイナミズム (中公新書)

「物語ヴェトナムの歴史」読了。紀元前後から20世紀に至るまでのベトナムの歴史を記述した書籍。俯瞰して見ると如何にホー・チ・ミンさんが特異な存在で、20世紀後半のベトナムに必要な存在であったのかよくわかりました。特に在住者であれば通りの名前になっているベトナムの英雄出現の連続なので、より楽しめてオススメです。

 

> ヴェトナムは一億人の国になろうとしている。ヴェトナム戦争では大きな犠牲を払いながら独立を堅持、経済成長のダイナミズムは二十一世紀のヴェトナムの発展を約束している。このエネルギーはどこから生まれるのだろうか。ヴェトナム人のこころ、民族の象徴として親しまれている建国の王フン・ヴォン(雄王)から、独立の指導者ホ・チ・ミンに至る歴史群像を語り、あくなき抵抗と独立の戦いに勝ち抜いてきた逞しい国民性の根源を探る。

物語 ヴェトナムの歴史―一億人国家のダイナミズム (中公新書)

物語 ヴェトナムの歴史―一億人国家のダイナミズム (中公新書)

 

 

「サイゴンから来た妻と娘」読了

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

ベトナム戦争の話を読んでみたくて『サイゴンのいちばん長い日』のKindle版を探してたのですが無くて(何故か今日見たらあった…)、同じ著者の本だという事で読んでみました。新聞社の特派員としてベトナム戦争時のサイゴンに赴任になり、そこで出会ったベトナム人女性と結婚、サイゴン陥落(1975年)の混乱を逃れる為に日本に帰化させ、(主に)日本での生活を描いたノンフィクションです。結婚されたベトナム人の方はベトナム南部出身女性で、サイゴン在住が長くなればなるほどジワジワくる話が満載です。基本的に(南部の)ベトナム人のキャラクターは、今の人達とそこまで変わってはいないのかなと思いました(ただ、本の女性よりは確実におとなしくなっている…?とは思いましたが…笑)。

 

大抵は(80%くらい?)は日本とベトナムのカルチャーギャップに起因するおもしろ話なのですが、一部、サイゴン陥落とその後の南北統一の混乱に絡め、(南部)ベトナム人の微妙な心情を極めて細かに観察して記述されており、その洞察にはとても学ぶ所が多く(学んでも使える場面は無いのですが…)、また、フランス語とベトナム語が交じる文体も読んでて楽しくて良かったです。

 

バームォイラム、トッケイヤモリ、裏切った相手や恋敵にガソリンを浴びせて焼き殺す、雷魚、ときには小型ピストルまでハンドバックにしのばせて出かける、なぜ毎回新しいものを見たらいくら?と聞くのか、アナコンダ、ヒョウを轢き殺した、これらにピンと来た人にはオススメです。

 

> 特派員としてベトナムに赴任した新聞記者が出会ったのは現地の美しい女性とその娘。結婚して日本にやってきた彼女たちが繰り広げるカルチャーギャップと国際結婚の現実を描いた笑いと涙の作品。一九七八年に発表されるや大ベストセラーとなり、NHKドラマ化もされた名作の新装版。

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

 

 

「サイゴンの一番長い日」読了

サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))

読了…。サイゴン陥落(1975年4月30日)前後のサイゴンに滞在し、ベトナム共和国の建前(政治家の声)と本音(生活者の声)を新聞社の特派員として、またベトナム人の妻を持つサイゴンの一生活者として描いたノンフィクションです。縦にも横にもモザイクの国だと思う、と作中にありましたが、その複雑さの一端でも理解出来た気持ちになりました。

 

今、私が住んでいるサイゴンには、描かれた場面のほんの僅かな残り香しか感じる事ができませんが、あの時も今も全く変わらないものはサイゴンの強烈な太陽なんだろうな、と思いました…(検索したら文中に太陽が4回登場していた)

 

口では極めつけのナショナリストを自負しながら、ある面ではしたたかなインタナショナリストであるように感じられた、と文中にありましたが、ここまで極端に思うことは少ないにしろ、サイゴンに居ると私も似たような、どっちなんだ?という気持ちを持つ事があります(もちろん私のベトナムの歴史理解が浅い為でもあります)。何回も続くと中々疲れてくるのですが、その度に前述の強烈なサイゴンの太陽に消毒され(笑)、救われた気分になる経験があります。(サイゴンベトナム人もそれで救われている感覚あると思っているのですが…笑)

 

読後感はなんとなくその感覚と近く、妙に嬉しくなりました。オススメです。

サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))

サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))

 

 

落合陽一「魔法の世紀」読了

魔法の世紀

2015年11月に発売された落合陽一氏の著作。たまたまSNSで、全資産をBitcoinで運用していると聞いてまず興味を持ちました…(Valuでその運用状況を共有してて、そちらも面白そうだったので1VA買いました)

 

> 落合陽一:1987年生、筑波大でメディア芸術を学んだ後、東京大学を短縮修了(飛び級)して博士号を取得。2015年5月より筑波大学助教、デジタルネイチャー研究室主宰。経産省よりIPA認定スーパークリエータ総務省より異能vationに選ばれた。研究論文はSIGGRAPHなどのCS分野の最難関会議・論文誌に採録された。

 

PC -> Smartphone -> HMD(VR/AR/MR)ときて、最近何となく手詰まり感を感じてた事が全て吹っ飛んだというか…メーカーズブーム勃興(2013年辺り?)の頃にアトムからビット、ビットからアトムの話がありましたが、この本はそこから更に100年くらい飛んだ感があります…笑 書籍前半はコンピューティングと芸術相互を絡めた歴史理解、そこも面白かったのですが、後半のデジタルネイチャーの思想は今後の話をしていて、より面白いなと。

 

> 20世紀は「映像の世紀」だった。「映像の世紀」とは人間に指針を合わせてメディアを設計する時代だった。


> しかし、21世紀の「魔法の世紀」では人間の感覚を超越した設計を行うことで、メディアが物質世界自体をプログラミングできるようになる。(注:メディア = プラットフォーム = キャンバス、ディスプレイ、映画、SNS


> 人間の感覚器の解像度に合わせて作られた従来のメディアの定義を、物理現象の本質に遡ることで、新しい定義へと更新させる事。それは、場と場の間に人間の感覚器の制約を介在させないメディア装置の発明とも言える。


> ここに重要な視点がある。つまり、私たちの感覚器程度の解像度にすぎない領域からコンピュータを解放することで、物質が本来持っている性質が再現可能になるということ。

 

> 人間も例外ではない。身体の構成要素である物質は、構成や素材の水準から制御されるようになり、その一方で環境側からのアクチュエーションも盛んに行われ、また人間はロボットの代わりに使用される。

 

> 我々の存在自体は、外在的にインターネットに限定され、インターネットこそが人間の総体であるともいえるかもしれない。


> そうなれば、我々は自らの感覚的、認知的性質を備えた解釈器としてコンピュータの前に立ち、コンピュータのインターフェースとして情報を感覚や感動に変換する装置になる。

 

> デザインは表層、エンジニアリングは深層の問題を解決するという時代は、そろそろ終わりつつある。

 

> 産業革命以降、私たちは表層と深層を分離して、それを人間の言葉やイメージによって繋いできた。しかし、今や表層と深層はコードによって、ダイナミックに計算で接続されるようになり、設計が担うべき最低限の機能や形についてはコンピュータの補助によって自動的に満たされるようになる。

 

> 今後は表層と深層の両方を意識的に解決することなしに、新しいプロダクトは作れない。それは表層と深層の設計が事実上不可分になるわけだから、まさに産業革命以前のクラフトマンの時代に、「ものづくり」の人々が戻るということでもある。

 

まだ30歳になったばかり、日本にもこんな凄い人がいるんだな…と。オススメです。

魔法の世紀

魔法の世紀

 

 

「ベトナム戦記」読了

ベトナム戦記 (朝日文庫)

ベトナム戦記」読了。小説家でもあった作者が、ベトナム戦争初期の1964年から1965年にかけて約100日間南ベトナムに滞在し、週刊誌「週刊朝日」に連載していた文章を帰国後に本人がまとめたもの。ベトナム戦争はその10年後の1975年に終了しますが、丁度アメリカが本格介入した頃で、その当時の日本の誰も、ベトナムで実際何が起こっているのかわからなかった。


サイゴンに滞在しながらベトナム共和国とは何か、南ベトナム解放民族戦線とは何かと、手探りで情報を集めていく描写が生々しい。終盤、政府軍に同行してジャングルに潜入し、音もなく移動するベトコンの猛射を浴び、夢中で逃げて200人いた部隊が17人になり、ボロボロで基地まで戻った後、政府軍の精鋭だという青年将校が、何年も闘っているはずの敵方の指導者の名前も、正式名称(南ベトナム解放民族戦線)も知らなかった事を知った時の衝撃。

ベトナム戦記 (朝日文庫)

ベトナム戦記 (朝日文庫)

 

 

映画「メッセージ」鑑賞

メッセージ (字幕版)

ブレードランナー2049を見る前に…という事で、週末に同じ監督の映画「メッセージ」を観ました。とても面白かった。複雑過ぎてか偶々なのか、言葉にまだなっていない言葉の話。

 

複雑さという言葉に最近新鮮な響きを覚える。人や物事は皆、そんな簡単ではないのだと、最近よく考える。人や物事を簡単にして、理解したと思う事で、人生にとって大切にしなければならない何かが抜け落ちているような気もする。

 

複雑さとはアナログと似ている。掘り下げていけば、実は無限に近い連続した段階があって、そこには何か新しく、大切な何かが埋まっている気がする。

 

また、物事を簡単にする事には限界が見える気がするけど、複雑さには限界がない気がする。簡単を突き詰めると0になるが、複雑さを突き詰めた数字はとても表現できそうにない、ような…。

 

複雑さの一つの極みとは、時間でいうと「究極の今」という感じもする。0ではないが止まってはいない。微分。複雑さを味わいたいとは、人生を微分で味わいたいという事なのかもしれない…我儘な思いであるけども、人生も半ばまで来て、もっと時間を大事にしたいと思う事も多い…というような事を考えさせられた映画でした。オススメです。